1.全日本実業団ヨット選手権大会  

 

全日本実業団ヨット連盟では、470級とスナイプ級の2クラスで、毎年「全日本実業団ヨット選手権大会」を実施しています。本大会は、2015年10月の岩手宮古大会で61回目を迎える歴史ある大会です。

 

ここ数年は、国体の予行演習であるリハーサル大会の一部として行われており、2014年和歌山、2013年長崎、2012年東京都、2011年蒲郡、2010年山口県光市、2009年、新潟県聖籠町、2008年、大分県別府市、2007年、秋田県男鹿市で開催されました。 

 

特に、国体を目指す470セーラーにとっては、そのレース海面の様子を知る意味で非常に役立つ大会であると思います。

また、毎年レセプションも盛り上がる、和気藹々としたフレンドリーな大会です。ヨットを楽しみたい、ヨットを通じて世界を広げたいというセーラーのみなさま、ぜひ参加してみてください。

2.全日本実業団大型艇選手権大会

 

全日本実業団では、Y30をレンタルしての大型艇選手権も開催しています。

 

会場は、現在のところ神奈川県葉山町あぶずり港ヨットハーバーで行っています。

 

2009年は、第4回大会を7月25日、26日で開催し、電通ヨット部が優勝しました。

 

2010年は、第5回大会を11月6日、7日で開催しました。 詳細は瀧口理事より報告の予定です。 

 

2011年は、第6回大会を10月22日、23日で開催します。

 

レンタル艇による開催ですので、体だけ持ってきてもらえば参加できるということで、気軽に参加いただければと思っております。  

こちらも問い合わせは、問い合わせフォームのページからお願いします。