2014年全日本実業団成績表

2014年全日本実業団選手権大会【和歌山】成績表.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 940.1 KB

みなさん!

全日本実業団選手権が開催されました!

優勝は、470が豊田自動織機、スナイプがアイシン・エーアイでした!

 

きれいな海と温泉、和歌山ラーメンとレセプションパーティーで、今年も楽しい大会となりました!

こちらがスナイプ優勝のアイシン・エーアイのレポートです! 優勝するチームっていうのは、やっぱり何かあるんですね! 

 

私たちアイシン・エーアイ㈱ヨット部はこの大会で2年ぶり、5回目の優勝をすることができ、勝利という最高の思い出を和歌山県に残すことができました。和歌山市をはじめとして、この大会の成功に向け、携わってくださったすべての方に感謝いたします。 

 

 私たちが和歌山県入りしたのは、9/12(木)でした。初めて行く海面になるメンバーもいるため、大会受付・計測等が始まる前から現地の海面調査等をするためです。私たちが一番乗りだと思っていましたが、すでに昨年度優勝のSPネットワークチームが練習していました。今年も一番の敵となることの脅威を感じるとともに、「優勝する」という気合が我々と同じくらいあるチームの姿にわくわくもしました。 

 

 早速、行きの車内で調べた和歌山ラーメンを食べに行き、笹井/石川艇は艇磨き(直前まで追われていた仕事の疲れを癒す目的もありました。)。中島/伊藤の艇は海面調査の為、出廷しました。それぞれ思い思いに過ごし、この日は早めにホテルへチェックインを済ませました。 

 

 2日目は事前入りしていた為、早々に受付・計測を済ませ、2艇で本格的に海面調査を行いました。初日からそうでしたが、陸の影響を受けて、強弱・シフトともに激しいガスティーなコンディションでコース選択が重要なレガッタになることが予想できました。 

 

 レース初日の午前中は開会式のみだったので、朝はゆっくりしてから会場へ向かいました。SPネットワークの優勝カップ返還を見て、改めて昨年の悔しさと優勝への強い意志を再確認しました。ただ、気持ち的には非常にリラックスできていました。初日から気張っても仕方ありません。 

 

 午後は予定していた2レースを実施することができました。やはり、ガスティーなコンディションの中、笹井/石川艇が1位を取るなど、2艇ともオールシングルでまとめることができ、初日から首位スタートすることができました。事前練習で吹いていた風だったため、他のチームよりアドバンテージは大きかったと思います。 

 

 レース二日目。この日は3レースが予定されており、最終日が1レースのみのため、この日の結果が勝負をつけます。そんな日でも朝から車内でバカな話で盛り上がり、リラックスムードは変わりありません。 

 

 この日も軽風予報でしたが、結果的にはいつもの風向からAve.8m/s程度の風が吹き、順調に予定の3レースを消化し、我々は優勝を確定させることができました。 

 

 このくらい風が吹いてくるとボートスピードで差がつき始めるため、トップグループは絞られ、大きな失点は許されなくなります。この日も私たち2艇はトップを取れないまでも無難にレースを展開することができました。 

 

 勝負を分けたのが第4レース。第1上マークをSPネットワークが1位、2位で回航し、SPネットワークが勢いに乗りそうなシーンがありました。その後、笹井/石川艇が1艇をかわして2位フィニッシュ。私たちも4位フィニッシュすることができ、1位、3位フィニッシュのSPネットワークに2点返される程度に抑えることができました。 

 

その後の第5レースでは私たちが無難にシングル前半でまとめる中、ライバルのSPネットワークと豊田自動織機が大きな失点をたたき、ここで優勝が確定しました。 

 

 今回のレガッタは自分達のやってきたことに自信をもって、ガスティーで順位の変動が激しい中でもリラックスしてレースを展開することができました。また可愛い二人のマネージャーと入社したばかりの若い選手もいいサポートをしてくれ、陸でもリラックスをさせてくれました。 

 

快く送り出してくれた会社の方々や家族にもいい報告ができました。 

 

いつもアイシン・エーアイ㈱ヨット部を支えてくださっている方々に感謝の気持ちを忘れずにこれからも前に進んでいこうと思っています。

レースの写真はこちらです!連続写真みたいなので、スタートの様子がよくわかりますhttps://picasaweb.google.com/111151674796944935543/2014#!